2012年10月11日

日本人は目もとケア意識が低かった! 押さえておきたい大事なケア方法【実践編】

このエントリーをはてなブックマークに追加

目もとマッサージ(資生堂)

魅力的な目元や目ヂカラアップには、やはり目元のケアが欠かせません。なんとなくやっていた事を、意識して行うだけでも効果に差が出てくるといいます。【知識編】に引き続き、日常での目元ケアの実践方法をみていきましょう。

■日ごろのマッサージが目もと美容に効果的
血行促進&水分代謝にはマッサージが効果的だそう。でも前述したとおり、目もとの皮膚はとても薄く、デリケートなので、くれぐれも強くこすったり、跡が残るほど押したりしないように気をつけましょう。アイクリームや美容液を使用して優しく行うのがポイント。

■日ごろの基本的なケアを怠らないことが大事
たまに行うスペシャルケアだけでは、蓄積されたダメージや肌悩みを解決することはできません。以下の点に注意して、日々のベーシックなケアを継続していきましょう。

・アイメークのクレンジングは優しく!……強くこすったりゴシゴシ洗うと色素沈着やしわの原因になるので要注意です。
・化粧水や乳液はたっぷりと!……化粧水はコットンに500円玉硬貨よりやや大きめ、乳液なら10円玉硬貨よりやや大きめくらいが使用量の目安です。
・手よりもコットン!…コットンの方が、肌へのなじみ、広がりが良く、たっぷりと潤いを届けることができます。


毎日のケアで、ついつい時間短縮をしがちかもしれませんが、改めて注意してみると大事なポイントが隠れていますよね。さっそく、今夜のお手入れから実践してみてはいかがでしょうか。


出典元:資生堂

■関連記事/日本人は目もとケア意識が低かった! 押さえておきたい大事なケア方法【知識編】




cosmetty at 08:00 │Comments(0)TrackBack(0) 気になる☆話題 | パーツケア

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
Twitter
Facebook